イベント・お知らせ

別府 秋の紅葉・花情報

本日は別府で見逃せない観光スポットをご紹介します。
秋と言えば紅葉!色鮮やかな紅葉に癒され心も体もリフレッシュ♪

 

タデ原湿原

紅葉の見ごろ:10月上旬~11月上旬

阿蘇くじゅう国立公園のくじゅう連山の北側に位置するタデ原湿原は、標高約1000mの場所にある国内最大級の湿原。
木道の散策道が整備されており、秋はススキがたなびく一面が銀色の草原になります。

旬の花:ススキ、ヤマラッキョウ、リンドウ、アキノキリンソウなど  
【住所】 大分県玖珠郡九重町田野225-33 
【駐車場】 長者原公共駐車場、ビジターセンター駐車場・約70台
【アクセス】 九重ICより車で県道40号、621号を経由して約30分
       豊後中村駅下車 牧ノ戸・筋湯温泉行きバス約45分、長者原下車すぐ

新日本三景「深耶馬溪」

紅葉の見ごろ:11月中旬

山国川の支流である山移川沿いの渓谷です。
紅葉の時期は多くの観光客でにぎわいます。また、例年10月中旬〜11月下旬にライトアップを実施しています。
県道28号線沿いのモミジが美しく照らし出されます。
 
【住所】 中津市耶馬溪町大字深耶馬3152
【駐車場】 無料250台
【アクセス】 JR久大本線豊後森駅からバスで30分(※日曜運休)、バス停:深耶馬下車、徒歩5分  
     大分道玖珠ICから20分

「紅葉百選」に選出された断崖絶壁の渓谷 「九酔渓(きゅうすいけい)」

紅葉の見ごろ:10月下旬~11月下旬

玖珠川流域の両岸約2kmに渡って断崖絶壁が続く、美しい渓谷として知られる「九酔渓」。
例年10月下旬から木々が色づき始めます。
峠の展望台や歩道専用として日本一の高さを誇る「九重“夢”大吊橋」からも絶景を眺めることができます。

【住所】 大分県玖珠郡九重町田野
【駐車場】 無し
【アクセス】 大分自動車道九重ICから車で約20分

美しい岩肌に紅葉が映える 「猿飛千壺甌穴群」

紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

山国川の清流と河床一帯に広がる変朽安山岩、小さな石ころの三位一体で生まれた自然の造形物。長い年月をかけ、
自然の渓流が造りあげた大小無数の甌穴が2キロに渡り河床に広がっています。
秋の紅葉と白い岩肌のコントラストが美しく、見逃せない観光スポットです。
国の天然記念物に指定されています。

【住所】 大分県中津市山国町草本
【アクセス】 大分自動車道「日田インターチェンジ」から約30分

連なる山々が一斉に赤と黄色に染まる 「くじゅう連山」

紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

玖珠郡九重町から竹田市北部にかけて広がるくじゅう連山。
紅葉シーズンは山肌が鮮やかに色づき、私たちを楽しませてくれます。

【住所】 大分県竹田市久住町
【駐車場】 長者原公共駐車場・約450台、牧の戸公共駐車場・約150台
【アクセス】 JR豊後竹田駅からバス約30分「久住支所」下車、そこから登山口まで車約10分
(岳麓寺登山口)JR豊後竹田駅からバス約45分「千人塚」下車、そこから赤川登山口まで車で約15分
・大分道九重インターチェンジから国道442号経由で赤川登山口まで車で約1時間
・大分道九重インターチェンジから国道442号経由で岳麓寺登山口まで約1時間20分

山上から眺める紅葉の大パノラマ 「鶴見岳」

紅葉の見ごろ:10月下旬~11月中旬

阿蘇くじゅう国立公園の東に位置する、鶴見連山の主峰である標高1,375mの「鶴見岳」。山上からは、別府方面はもとより由布岳・くじゅう連山や中国地方や四国までを一望できる大パノラマが広がり、紅葉の時期には山々が色とりどりに色づいた、圧巻の紅葉の様子を鑑賞することができます。10月下旬から11月中旬頃が紅葉の見頃となっており、天気の良い日には、別府湾の青い海と赤く染まる紅葉のコントラストを鑑賞することができます。

【住所】大分県別府市大字南立石字寒原10-7
【駐車場】250台
【アクセス】JR別府駅から車で約20分、別府駅西口からバスで別府ロープウェイ下車約20分

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。 変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認頂きますようお願い申し上げます。


公式サイトからのご予約はこちらから

プラン検索はこちら